猫ちゃんの保険って考えたことはありますか??|あうて「猫の保険」

うちには愛しの猫がいます。今まで片時も離れたことがなかったのですが、このたび急な事情によって、うちの猫を誰かに預けないといけないことになりました。
子猫の時からずーっと一緒だったので、本当に家族のような存在なのです。私がいる時はおとなしくしてくれていますが、私が留守にするとすぐにヤンチャをしてしまう子なので、何日も1匹にするなんて、これは大変なことになったぞぉ~・・・と思いました。

最初に浮かんだのは、友人に頼もうかなぁということです。その友人は、うちにも何回か来て、猫ともよく遊んでくれました。しかし1泊2泊ならまだしも、数日間は家を空けるので、いくら友人でもトイレの世話とか水やりまでは頼めないよなぁという気はしてました。親しき仲にも礼儀ありと言いますし、どうしたものかと思いながらネットで近所のペットホテルを探していました。

そんな時、たまたま目に入って来たのがペットシッターのサイトでした。ペットシッターというのはどういうものか、その時まで知らなかったのですが、調べていく内にうちの子にはこっちの方が絶対いいと思うようになりました。

ペットシッターというのはその名の通り、私に変わってプロの人がペットのお世話をしてくれるサービスのことです。ペットシッターの何が一番いいかと言うと、環境を変えずにお世話をしてくれるところがいいなと思ったのです。
人の家で預かってもらうのではなく、プロの人が家にお世話をしに来てくれる仕組みなので、猫にとっては自分の家で過ごせるので、寂しい思いをせずに待っていられるのではないかと考えました。

友人に預けることも考えたのですが、キャットフードの量とか、カリカリが好きとか缶詰は2日に1回とか、そんな細かい指示まで出すのもどうかと思ったのです。だからプロの人に頼んだ方が細かい指定もできますし、これで心おきなく出かけられるなと思いました。
当の猫本人よりも、実は今回の外出を誰よりも寂しがっているのは自分なのかもしれません。あの子が1人できちんとキャットフードを食べるか心配だったのですが、シッターさんに定期的な餌やりをお願いすることで解決しました。

知らない人が家に入ってくるのが心配・・・という人もいると思いますが、最初にしっかり約束事があるのと、セキュリティシールというのも業者によってはあるので、入ってほしくない部屋に入った時はすぐにわかるようになっています。シールのサービスはしているところとそうでないところがありますが、セキュリティに関しては色々と業者の人と打ち合わせをしてみて下さい。

また、帰りがけには報告書の提出もありますので、それを見ていると留守中もうちの猫は元気だったんだなぁということが伝わってきて、心から安心できますよ。

カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ